アンティーク家具の選び方(素材編)

現在、日本で販売されているアンティーク家具の素材
のほとんどは【オーク材】、【マホガニー材】、【ウ
ォルナット材】の3種類です。それぞれに個性があり
ますので最初にどの素材でコーディネートしてゆくの
かを決めると統一感のある素敵な空間にすることでき
ます。




・・オーク材の特徴・・

ロシアや北海道など寒冷地で育つため硬くて、耐久性
があり”トラフ”と呼ばれる美しい木目が魅力的です。
チロース繊維構造と呼ばれる水分を透過させない木材
ですので昔から船舶やウイスキー樽に使用されていま
す。

オークの木  

◆一般的にオーク材とはブナ科コナラ属の落葉広葉樹
 を指すことが多く、北米産のホワイトオーク、スワ
 ンプホワイトオーク、チェスナットオークなど多く
 の品種があります。

オークの木目

◆大きい木目でざっくりした見た目です。素朴な質感
 はカントリーテイストの家具とも相性が良く、現代
 家具にもオーク材は多用されていますので合わせや
 すい素材です。

・・オーク材のアンティーク家具の特徴・・

エレガントと言うより質実剛健な少し男っぽい印象で
す。1500年代から1600年代にかけて「オークの時代
」と呼ばれ、まだ家具作成の技術も未熟だったため、
シンプルで装飾が少ない、実用性重視のデザインが
多く、現在、作られているリプロダクション(復刻製
)にも受け継がれています。

テーブルやチェア、デスクやカップボードなど様々な
カテゴリーのアイテムが揃えやすいため、コーディネ
ートしやすく、アンティーク家具を選ぶ上で一番の
おすすめ素材です。

販売中のオーク材のアンティーク家具はこちらから

オーク材のアンティーク家具の部屋

オーク材のアンティーク家具のコーディネート

◆1500年代から1660年代までのチューダー(Tudor)
 様式やジャコビアン(Jacobean)様式などが現在、
 市場で出てくるアンティーク家具に取り入れられて
 いることが多いようです。




・・ウォルナット材の特徴・・

その美しい木目は「化粧張り」と呼ばれる左右、上下
を対照的にした技法に頻繁に使われます。加工しやす
く、接着性にも優れていますので楽器の素材にも使用
されます。

ウォールナットの木

◆家具や建材に使われるウォルナット材と言えば、クル
 ミ科クルミ属落葉広葉樹の「ブラック ウォルナット」
 を指します。現在ではその希少性からワシントン条約
 で輸出入を規制される品種もあります。

ウォールナットの木目

◆大きく張り出した木のコブ部分をスライスした際に
 出る美しく立体的な木目が特徴です。そのエレガン
 トな木目はマホガニー家具とも合わせやすく、統一
 感のあるコーディネートを楽しむことができます。
 オーク材との家具との相性はよくありません。

・・ウォルナット材のアンティーク家具の特徴・・

ウォルナット材の家具と言えば、接着性に優れている
ことから、美しい化粧張り技法が代表的です。



また、堅さと粘りがあり、乾燥後の温度や湿度による狂い
が少ないため、椅子などにも多用されています。

販売中のウォルナット材のアンティーク家具はこちら

ウォルナット材のアンティーク家具の部屋1

ウォルナット材のアンティーク家具のコーディネート

◆1670年から1735年までは「ウォルナットの時代」と
 呼ばれました。レストレーション(Restoration)、
 クイーンアン(Queen Ann)、アーリージョージアン
 (Early Georgian)の頃です。




・・マホガニー材の特徴・・

加工性に優れ、寸法安定性や耐久性も高いことから、高
級車のハンドルダッシュボードなどに使われてきました
。また、加工後の狂いが少ないのでアコースティック
ギターやエレキギター、ドラムなどの楽器にも多用され
ています。

マホガニーの木

◆マホガニーとはセンダン科マホガニー属に属する植物
 に冠される総称です。キューバンやビックリーフ、パ
 シフィックなど様々な品種があり、こちらもウォルナ
 ット同様にワシントン条約で規制されるものもありま
 す。

マホガニーの木目

◆木目が細かく、木材の外側と中心部の色の差がはっき
 りしているため、角度により様々な見え方がするトリ
 ッキーな素材です。光の当たる角度によっては美しい
 リボンのように見えることから「リボン杢」(Ribbo
 n stripe grain)と呼ばれています。

・・マホガニー材のアンティーク家具の特徴・・

18世紀にヨーロッパが厳冬になり、それまで家具に多用
されていたウォルナット材が少なくなり、それに替わる
材料としてマホガニーが使用されるようになりました。
そのためジョーアン(1700年代初期)からビクトリアン
(1800年代後期)までの家具にはマホガニー材のものが
多くみられます。

販売中のマホガニー材のアンティーク家具はこちら

マホガニー材のアンティーク家具の部屋

◆1735年から1770年までを「初期マホガニーの時代」
 、1770年から1810年までを「後期マホガニーの時
 代」と呼ばれています。

マホガニー材のアンティーク家具のコーディネート

◆ビクトリア時代にも多用されており、様々なカテゴリ
 ーのアイテムが揃っていますので、ウォルナット材の
 家具と組み合わせてエレガントなテイストのコーディ
 ネートを目指すならおすすめの素材です。



アンティーク家具は一点ものばかりですので、コーディ
ネートも難しくなりますが、素材を統一して、工夫しな
がら素敵な空間にしてゆきたいですね。

アンティーク家具の選び方(様式編)も是非参考にして
ください。



お問い合わせフリーダイヤル 0120-088-258
担当:高橋
 

カテゴリー

営業日カレンダー

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
毎週火曜は定休日です。

スマートフォン サイト